日本で死刑囚2人に刑執行 [fr]

 ローラン・ピック駐日フランス大使は12月27日、日本で死刑囚2人の刑が執行されたことを受けてメッセージを発表しました。

 「2018年12月27日、死刑囚2人の刑が執行されました。今回の刑執行により、日本における今年のの死刑執行数は15人に達しました。

 フランスはヨーロッパ連合のパートナー諸国と同様に、死刑反対の立場を維持するとともに、いかなる場所、いかなる状況でもその廃止を呼びかけます。フランスは不公平、非人道的かつ抑止効果がないこの懲罰の全世界的な廃止に取り組むとともに、すべての死刑存置国に対して最終的な廃止に向けたモラトリアム(執行停止)を確立するよう呼びかけます。

 フランスはすべての国に対し、2019年2月27日から3月1日までブリュッセルで開催される第7回死刑廃止世界大会に向けて行動を起こすよう促します」

関連リンク

最終更新日 28/12/2018

このページのトップへ戻る