ビアリッツ、一住民から見た地域の魅力 [fr]

JPEG

JPEG

積極的に取り組む地域住民の横顔

 G7サミットが8月24日から26日まで、フランス南西部の大西洋沿岸のスペイン国境近く、アメリカの方角に向いた都市、ビアリッツで開催されます。各国首脳や献身的な市民がここで一堂に会します。彼らはここで不平等と闘うために集まり、協議し、決定を下します。

 でもその前に私の町であるビアリッツと、私の地方であるヌーヴェル=アキテーヌ地域圏のことをお話しさせてください。

 ビアリッツで暮らすこと、それは高い絶壁、長く続く砂浜、人里離れた入り江など、絶景に彩られた雄大で郷土色豊かなバスク地方の力強さと心地よさを感じることです。それは海に足を浸し、山に足を踏み入れることです。それは1915年にここにブティックをオープンしたココ・シャネルをはじめ、著名な先人たちの足跡をたどることです。それはヌーヴェル=アキテーヌ地域圏ピレネー=アトランティック県に根づいた食文化とワイン文化を満喫することです。

メディアテーク
メディアテーク
© JPEG Studios / Ville de Biarritz
コンベンションセンター「ベルヴュー」
コンベンションセンター「ベルヴュー」
© JPEG Studios / Ville de Biarritz
ホテル・デュ・パレ
ホテル・デュ・パレ
© JPEG Studios / Ville de Biarritz
ビアリッツ灯台
ビアリッツ灯台
© Emmy Martens / Ville de Biarritz

 
 ビアリッツで育つこと、それは小さいうちからラグビーチーム「ビアリッツ・オランピック・ペイ・バスク」の応援の仕方を覚えることです。それはオスゴールからアングレット、サン=ジャン=ド=リュズ、アンダイユに至るまで、バスク海岸に多数あるサーフィンスポットと波を一年中楽しむことです。それはバスク料理のおいしい香り(エスペレット唐辛子!)と地元の食材を指先で知ることです。バスク地方で育つこと、それはバイヨンヌ祭を盛り上げる伝統的なダンスや、この地方のように趣のあるユニークなスポーツ、バスク・ペロタを試みる機会に恵まれることです。

バイヨンヌ祭
バイヨンヌ祭
© CDT 64
エスペレット唐辛子
エスペレット唐辛子
バスクの伝統的ダンス
バスクの伝統的ダンス
© Alban Gilbert
フランス人サーファー、ジュスティーヌ・デュポン
フランス人サーファー、ジュスティーヌ・デュポン
© Antoine Justes

 
 ビアリッツとその周辺地方で働くこと、それは気候変動対策に積極的にかかわることです。私たちは海洋・海事分野で開発、研究、伝統的活動や新規活動のイノベーションを促進する新しい経済の最前線を切り開きながら、ブルー成長のチャレンジに取り組んでいます。それはイノベーションと卓越性の中心地、文化的・社会的アイデンティティが際立つ土地、連帯と労働の価値観が浸透した土地に身を置くことです。

 ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏は研究開発が国内で最も盛んな地方です(イール=ド=フランス地域圏を除く)。その野心的な目標は? 「スタートアップ地方」になることと、2020年までにスタートアップ200社を支援することです。若者に大規模に投資しながら、地域経済構造の発展と人材の誘致を図ります。

© Région NA – F. Roch
© Région NA – F. Roch
ガステルガチェ
ガステルガチェ
© Sabine Delcour
© Sabine Delcour
© Mon Nuage CRT NA
© Mon Nuage CRT NA

 
 ビアリッツの暮らしや歴史をより詳しく知るには、以下のホームページをご覧ください。

 世界に開かれているとともに、G7で不平等との闘いを実現するために世界を迎える私の町、ビアリッツは2019年8月24日から26日まで、あなたの町になります

最終更新日 09/07/2019

このページのトップへ戻る